海ぶどう

アイランド03

緑色のブツブツとした個性的な海ぶどうは、沖縄の定番料理です。

クビレズタやグリーンキャビアともよばれており、味も若干個性的です。

海ぶどうはある程度光のある空間で育つ海の植物です。

基本的には緑色をしていますが、通販等で購入すると白い海ぶどうが届く可能性もあります。

光を当て続けると、少しずつ色が戻っていくでしょう。食べるときは軽く水洗いをしてから食べて下さい。

氷水で洗うと更に食感が出て美味しく食べることが出来ます。

そのままで食べても味はしますが、お好みでドレッシングをつけて食べても良いでしょう。

上からドレッシングをかけると海ぶどうがしぼんでしまうので、お刺身の様に付けつつ食べて下さい。

保存をする時は冷蔵庫ではなく常温保存です。

海ぶどうは生きている食材なので冷蔵庫に入れると温度の変化のせいでしぼんでしまう可能性があります。

適温は20度から30度程度、低すぎても高すぎてもいけません。

稀に小エビが乱入している場合もありますが、軽くゆすいで食べれば問題はありません。ローカロリーでさっぱりとしている沖縄独特の食材です。

コメントは受け付けていません。