ソーキソバ 

}PgžxQ

沖縄のソーキソバにはさまざまな種類があり、麺の太さも盛り付けも地域によって違います。

またスープもかつおだしのところもあればとんこつで出しを取った物もあるので、

お店や地域によって出されているソーキソバには多くの違いがあります。

一般的なソーキソバは、豚肉にあじつけをしたものと錦糸卵やネギ、紅ショウガ等がトッピングされています。

豚肉に味付けしたものがソーキと名付けられており、これがソーキソバの由来なのです。

また、沖縄にはソーキソバ以外にもいくつかそばがありますが、沖縄そばは豚の3枚肉が入ったスタンダードなおそばのことを言います。

てびちそばとは、名前の通りてびちが入っています。てびちとは豚足で、豚足は若干癖が強いので好みが分かれるそばでしょう。

ゆし豆腐入りそばは、おぼろ豆腐がはいったおそばです。

こってりテイストが多い沖縄のそばですがあっさりとしていて食べやすいのでおすすめの沖縄そばです。

このように、ソーキソバ以外にもたくさんの伝統のおそばがあります。

バリエーション豊富で具材によって名前も変わります。

コメントは受け付けていません。