ラフテー 

海09

豚肉の塊を黒砂糖と醤油、泡盛でじっくり煮るとラフテーが完成します。

沖縄の郷土料理であり、中国の豚料理トンポーロが伝授して生まれた料理でした。

沖縄は中国のさまざまな文化を受け継いでいる地域ですが、ラフテーも琉球時代に中国から受け継いだ料理なのです。

ラフテーを作るときに使う泡盛は、米と黒麹から作る沖縄の焼酎でアルコール度数が高い事で有名です。

そのため泡盛と一緒に煮込むことでお肉がとても柔らかくなり、脂がしっかりと乗っているのに柔らかくあっさりとした味わいを堪能することが出来ます。

様々な食材と一晩じっくり煮込むことによりその柔らかさは生まれます。

基本的には醤油ベースで作られるラフテーですが、お店によっては白みそで煮込んだ味噌ラフテーを味わう事も出来るでしょう。

ラフテーはご飯のおかずにも麺の上にもぴったりな食材ですが、お酒のおつまみにもおすすめしたい食品です。

美味しく濃厚だけどさっぱりとしたお肉を堪能して下さい。

沖縄では定番の料理ですが、最近は居酒屋で提供されることも増えつつある、人気のおつまみです。

コメントは受け付けていません。