コーレーグス 

沖縄定番の薬味であるコーレーグスは、沖縄で栽培した島とうがらしを泡盛で漬け込んで作られたものです。

沖縄そばにたらす事で、ほんの少しの辛味と風味を感じることが出来るでしょう。

初めてコーレーグスを使う人にとっては辛味が強く苦手だと感じる人も多いかも知れません。

沖縄の昔の家では、どんな家庭でもコーレーグスが植えられていたと言われています。

赤く可愛らしい実のコーレーグスは観賞用としてもぴったりですし、自宅でコーレーグスを作る事も出来ます。

薬味として知られているコーレーグスですが、もともとは島とうがらしの方言名がコーレーグスでした。

高麗草や高麗胡椒が次第に訛り、コーレーグスと呼ばれるようになったと言われています。

また、コーレーグスは沖縄だけではなく沖縄の移住民が多いハワイにもよく置かれています。

ハワイではコーレーグスではなくウチナーンチュと呼ばれており、様々な地域に根付く文化となってきているのです。

とても辛い香辛料ですが一度使うと病みつきになる人も多く、またさまざまな沖縄料理店に置いているので一度使って見ては如何でしょうか。

コメントは受け付けていません。